TOEIC

TOEIC800点から900点までにかかった時間と勉強法まとめ

スポンサーリンク

こんにちは!まっきーです。

悩む人

TOEIC800点を取ってから、中々点数が伸びない....。どれくらいの勉強時間が必要?勉強方法も知りたい!

そんな方のための記事です。

本記事を読んで分かること

  • TOEIC800点から900点までにかかる時間
  • TOEIC800点から900点にスコアアップするための勉強法
まっきー

先日のTOEIC公開テストで935点を取得しました。私も800点からずっと伸び悩んでいたので、同じように悩んでいる方は参考になると思います!

画像

800→900取得までに必要な勉強時間

ネットの様々な情報を見てみると、TOEIC900点取得まで平均して約500時間ほど必要と言われています。

私の800点取得からのスコア遍歴をご覧ください。

  • 2019年12月885点
  • 2020年10月825点
  • 2020年11月935点

勉強時間はこちら

  • 12月~10月 700時間
  • 10月~11月 100時間

結果、800点台から900点に到達するまで、約800時間かかったというわけです。

ですが、見方を変えれば10月から11月の1ヶ月で800→900に上げることができたとも考えられますよね?

なので、10月から11月の1ヶ月間に行ったことを紹介します!

Rパート、Lパートに分けて勉強方法をお伝えしますね。

900点取得するための勉強法(Rパート)

800点台で伸び悩んでいる方は「リスニングはできるけど、リーディングが苦手」という方が多いような印象。

私もリーディングが苦手で、スコアが中々伸びませんでした。

しかし、以下2つの教材を徹底して行うことで、克服しました。

  • 黒のフレーズ
  • 精選模試シリーズ

では、それぞれ勉強方法をお伝えしますね♪

黒のフレーズ

黒のフレーズは、上級者向けの英単語帳です。

私はこの黒のフレーズを購入し、10周しました。

以下、周回の流れです。

  1. 1000個の単語を知っている・知らないに分ける
  2. 知らない単語を覚えながら2周目
  3. ②を繰り返して知らない単語が数個になるまでやりこむ
  4. もう一度最初からすべての単語を確認

④に到達するころには8周ぐらいしてると思います。

お気づきかもしれませんが、全て読んで1周としているのではありません

✔の有り無しで覚えた単語は飛ばしています。

知っている単語をわざわざやる必要はないですよね?

わたしは、分かっている or 覚えた単語に✔をつける方式でやりました。

例えばこんな感じ

すべて覚えた頃には✔で埋まっているということです。

まっきー

意外と達成感があるので、おすすめです!

精選模試

精選模試1~3を2日に1模試のペースで解き続けました。

2日間でやったことは以下の通り。

  1.  模試
  2.  復習

シンプルですが、これだけです!具体的に説明します。

模試

  1. 本番と同じ時間で模試を解く(間に合わなくても、必ず最後まで解く)
  2. 採点をして、間違ったところを確認(メモする)

採点中、解説も流し読みできると良いです。

復習が一番大事な部分です。TOEIC900点を取るには復習に命を懸けましょう!笑

復習

  1. もう一度、間違えたところを時間無制限で解く
  2. 解説を読みながら答え合わせ
  3. 長文を最低3回音読をする

根気のいる学習ですが、めちゃくちゃ効果はあります!

なぜなら、800点をとれている人は文章を読むのが遅いのではなく、「を正しく読めていないことが多い」からです。

ここを疎かにしていると、900点は絶対に取れません。

以上が1ヶ月で行ってきたことです。シンプルですよね。

900点取得するための勉強法(Lパート)

次に、リスニングパートの学習法をお伝えします。

私はこの学習法でリスニング満点を取ることができました。

リスニングで高得点を取るために行ったことは2つ。

  1. 正しい発音を覚える
  2. ひたすら模試

上記2つで、十分リスニングで高得点が取得できます。

具体的な勉強方法をお伝えしますね!

発音

「リスニングの点数が中々上がらない....」という方は、発音から見直すとグンッと点数が上がります。

自分が発音できないものは聞き取れません!

発音の学習におすすめの教材は、『英語耳』です。

学習方法も詳細に書かれているので、著者の言う通りに行ってみましょう!

書籍を買いたくないという方は、Atsuさんの「英語の発音を良くしたいなら「発音記号」を覚えよう」を参考にしましょう。

1週間もあれば全ての発音記号を覚えられます。

確実に高得点を取りたいなら、必ず発音の勉強はしておきましょう

今後の英語学習にも活きてきます。

ひたすら模試

リスニングもリーディングと基本的には同じ。

やり方は以下の通りです。

  1. 模試を解く 
  2. 間違えた問題をもう一度解きなおす
  3. 答え合わせ
  4. どの部分が聞き取れていなくて間違えたのかを確認
  5. 日本語訳と照らし合わせながら数回音読
  6. リスニング音声に合わせて最低2回はシャドーイング

リスニングの復習は、必ず声を出してシャドーイングを行いましょう

シャドーイングの方法についてはAtsuさんの動画が参考になります!


パワー音読という方法もおすすめですので気になる方は是非取り入れてみてください!「TOEICリスニング490点を取得した音読学習法(パワー音読)

発音を身につけ、ひたすら模試を繰り返すだけで、必ずスコアは伸びていきます

スキマ時間には

ひたすら量だと続けるのが大変です。

通勤・通学などのスキマ時間にはアプリを活用して、英語学習を楽しみましょう。

おススメの教材は以下の通り。

おススメのアプリ

  • Amazon Audible
  • BBC
  • TED

おすすめのドラマ(Netflix)

  • Emily in Paris
  • FRIENDS
  • how i met your mother

どの教材を使っても効果はあるので、好みに合わせて選べばよいです。

中でもおすすめは、本を聴くAudibleです!

490を取得した後は、ひたすら洋書を聴きまくってました。

Audibleをおすすめする理由は「Amazon Audibleが英語学習に最適な7つの理由」にもまとめてあるので、よかったら見てください。

Amazon Audibleが英語学習に最適な7つの理由【デメリットもお伝えします】

続きを見る

勉強のコツ

本記事で紹介してきた勉強法は、かなりタフです。

継続してTOEICの勉強を続けるためのコツをご紹介します。

おススメの方法は以下の2つ。

  • 勉強するきっかけを固定する
  • スキマ時間を有効活用

勉強するきっかけを固定する

まず、勉強するきっかけを固定してしまいましょう。

どういうことか分からないと思いますので、いくつか例を紹介します

  • 朝起きたらTOEICリーディング模試を解く
  • 仕事が終わったらカフェに行き、 模試の復習
  • 仕事から帰宅したらオンライン英会話を受ける

上記のように、自分なりのトリガーを決めておいて習慣化していく方法です。

一日1時間!など時間を決めるよりも、まず5分でもいいので勉強する癖をつけましょう。

隙間時間を有効活用

スキマ時間の有効活用は時間のない社会人にとって必須のスキルです!

例えば、TOEICpart2は問題用紙がなくても解けますよね?

電車・車での移動中に聞けます!

食器洗ったり家事をしてる時は何をしてますか?

ここでもリスニングできますよね!

TOEICの問題ばかりで、飽きたらアプリを使えばいいです。

あなたが生活の中で、無駄にしている時間はかなり多いと思います。

その時間を有効に活用することで、毎日少しでも英語に触れましょう!

 

以上2つの方法、是非試してみてください!

継続のコツについて、「なぜ英語学習(独学)を3年間続けることができたのか」にもまとめてあります。

なぜ英語学習(独学)を3年間続けることができたのか【継続のコツを5つお伝えします】

続きを見る

まとめ

800点から900点に上げるには

  • 徹底して毎日英語に触れる(継続)
  • 量をこなすことが一番
  • 英語アプリ・Netflix・洋書を活用する

留学なしのTOEIC900点は中々厳しい壁だと思います。

900点突破は何よりも継続することが大切です。気分が乗らない日は、Netflixなどを活用して「楽しんで」英語を学んでいきましょう!

スコアが伸びない時期もあると思いますが、達成するまであきらめないで!!!

続ければ必ず900点は超えられます

今後も、TOEIC学習に関する記事をアップしていくので是非参考にしてくださいね!

最後までありがとうございました。

TOEICは役に立たない?900点取得者が解説【体験談アリ】

続きを見る

TOEIC600点ある人はまずスピーキングテストを受けてみて!

続きを見る

スポンサーリンク

-TOEIC

© 2021 まきろぐ Powered by AFFINGER5