【初心者必見】TOEIC355→760点を取得したTOEIC学習法

【初心者必見】TOEIC355→760点を取得したTOEIC学習法 TOEIC
スポンサーリンク

「うわ~あぶね、ギリギリ単位取れた。」

TOEIC350点以上を取らなければ落単。そんな中わたしが取得したのは、355点でした。そこから約2年半後、TOEIC公開テストで760点を取得することができました。

自身の経験を踏まえ、TOEICで700点以上取るために必要な参考書、学習の流れをまとめました。以下、一つでも当てはまる人はこの記事を読む価値があります!

  • TOEICで700点以上を取りたいと思っている
  • TOEICの勉強って何をしたらいいかわからない

はじめに

私のTOEIC学習歴

2017年10月、大学で受けたTOEICスコアは355点。

英語学習を始めたのはその一年後です。ですので、学習開始から約1年半後に760点を取得したということになります。

ですが、全くの英語初心者でも半年あれば700点は必ず達成できます

様々な学習法を試してきたわたしがたどり着いた、最短の学習ルートをお伝えします!

心構え

最初に言っておきます。必ず達成できる、とは言ってもTOEIC700点は楽してとれる点数ではないです。しかし、根気よく学習を続ければ誰でも必ず取得できる点数であることも事実です。

すぐに結果が出ないのは当たり前です、自分を信じて学習を進めましょう!

学習の流れ

TOEIC学習の流れは以下の通りです。

  • 発音(1か月)
  • 単語(1か月)
  • 文法(2か月)
  • 実践練習(2か月)

行うのはこの4つのステップのみです!「なんで発音!?」と思うかもしれませんが、その理由は後でお伝えします。

おすすめの教材

わたしが実際に使ってきた教材の中でおすすめの参考書を項目ごとに紹介します!

発音編

英語耳

発音学習の定番書籍です。これ一冊で事足りてしまうぐらい充実した一冊です。

単語編

出る単特急金のフレーズ

TOEIC単語といったら金フレ、というぐらい有名です。

出る単特急金のセンテンス

「文の中で単語を覚えたい」という方はこちらの書籍をおすすめします。著者は全く同じですので、どちらを使用するかは、好みの問題です。

文法編

ENGLISH GRAMMAR IN USE

この文法書は全て英語で書かれています。

ですが、中学英語が理解できるならば問題なく読み進めることができます。学校で習うと難しく感じる現在完了や仮定法がスッと理解できます。

個人的にこの文法書はかなりおすすめです!今でも辞書のように使っています。

一億人の英文法

堅苦しい英文法が苦手な方にはこちらの文法書。イラストが豊富で「イメージ」と「感覚」で文法を学べます。

新TOEICTEST 文法特急

TOEIC文法の定番書です。様々なTOEIC文法問題に触れることができます!

実践編

TOEIC 公式問題集

TOEIC本試験を作成しているETSが作成した公式問題集です。本番さながらの試験を行うことができます!

TOEICの問題には傾向がありますので、まずは最新のものから買いましょう

具体的な実践方法

質問です。あなたは「she」と「see」、「right」と「light」を正しく発音できますか?

NOという方は発音学習からしっかり学びましょう!

発音編

なぜTOEICの学習で発音を学ばないといけないのか…

それは、自分が発音できないことは聞けないからです。

逆に言えば、ここをしっかり押さえておくことで、今後の英語学習はかなり捗ります!地味な練習ですが頑張りましょう!

発音学習の流れはこんな感じです

  1. 発音記号とその音を覚える
  2. 音のつながりによる変化を知る
  3. ひたすら音読を繰り返す

発音記号とその音を覚える

まずは発音記号をすべて覚えましょう!発音記号は約40個ほどしかないのですべて覚えるのに1日かかりません。CDと口のイラストが付いていますのでそれらをマネして、発音練習を繰り返し行いましょう。

音のつながりによる変化を知る

発音記号が覚えられたら、音の変化の規則を学びます。

ある程度ゆっくりなら聞き取れるのに、少し自然な速度になるだけで聞き取れなくなった。という経験がある人も多いと思います。英語は単語同士がつながると、音が消えたりつながったりします。

  1. 語尾の子音と語頭の母音がつながる
  2. 同じ子音が連続するときは2つ目だけ発音する
  3. 語尾の子音(破裂音)が消える
  4. あいまい母音[ə]は消失気味になる
  5. [t]は日本語の「ラ行」に近い音になる

このように、音の変化にはパターンがあります。

「子音、語頭、あいまい母音?何を言っているのかわからない…」という人もいるかとは思いますが、大丈夫です。

私も初めは全く意味が分かりませんでした(笑)「英語耳」には例文がたくさん入っていますので感覚で練習できますので、安心してください!

ひたすら音読を繰り返す

発音記号、音の変化を頭に入れたら後は練習あるのみです。例文も載っていますのでそれらを使って無意識にその音が出せるまで繰り返し練習しましょう!

発音練習の時は、Siriを最大限に活用しましょう!iPhoneの設定を英語にすることで、Siriと英語のやり取りができます。最近のSiriはすごく高性能ですので、発音チェックには最適です。手始めに、「she」と「see」「right」と「light」を試してみてはいかがでしょうか?

英単語編

このような単語学習をしている人は今すぐやめましょう。

  • 1章の単語をすべて覚えるまで次に進まない
  • 紙に書いて覚える

どんな単語帳を使うにせよ、一番重要なのは周回数です。

上で述べたような単語学習は圧倒的に効率が悪いです。単語を目にする回数が増えれば増えるほど自然と覚えていきます。少なくとも1つの単語帳を10周はしましょう。

わたしの場合は、次のように単語を覚えています。

  1. 知らない単語にチェック✔をいれながら1周する(CDもしくは発音記号は必ず確認
  2. チェックのついているところを復習し、3秒以内に答えられたら✔を消す
  3. 2をチェックがすべてなくなるまで繰り返す

知らない単語に✔ではなく、知っている単語に✔をいれてやっている人もいます。いろいろな方法を試しながら、自分に一番適している方法を探してみてください!

発音記号を覚えたことで、単語帳の発音記号を見るだけで適切な発音ができるようになっているはずです!こんなところにもメリットがあるのです。

英文法編

基本的には単語学習と同じで、頭に入るまで何周もすることです!

  1. とりあえず一通り読んでみる
  2. 2週目以降はオリジナル例文を作りながら各文法を学習していく
  3. 作った例文を何度も音読する

少しだけ違うのは、文法項目の内容に合ったオリジナル例文を作成することです。

「めんどくさ。」「そんなのできない!」と思う人もいるかと思いますが、シンプルで構いません。

例えば、現在完了の単元でこんな例文を見つけました。

We’ve been to Machu Picchu.

これを自分なりにアレンジすると、

I’ve been to London.

という感じです。主語をIに変えたり、場所の名前を変えたりするだけでOKです。

これだけで定着率が全然違いますよ!ぜひ試してみてください!

ある程度文法ができるようになったら「新TOEICTEST 文法特急」等を利用して力試しをしてみると、モチベーションの維持につながりますよ!

実践編(公式問題集使い方)

ここまできたら問題を解くのみです。公式問題集も一度やっただけでは終わりません!

  1. 時間を計って解く
  2. 時間内に解けなかった問題を解きなおす(答えを見る前)
  3. 答え合わせをする
  4. 復習をする
  5. 音読、シャードーイングする
  6. 二つ目の模試に挑戦
  7. 1~4を行う
  8. 2週目

時間を計って解く

実際のTOEICの形式に慣れるために、本番と同じように時間を計って問題を解きましょう。

時間内に解けなかった問題を解きなおす

時間内にすべてを解き終わることはとても難しいです。自分の今の実力を知るために、答え合わせをしたい気持ちをぐっとこらえて、解けなかった問題に取り組みましょう。

答え合わせをする

時間内に解けなかったところはカウントせずに、採点します。

思った以上に点数が取れていないかと思います。ですが心配いりません。ここからの行いで、伸びるか伸びないかが変わってきます。その悔しい気持ちを、復習にすべて注ぎましょう。

復習をする

正解の根拠は何か、どんな文章だったのか、時間をかけて答えを読み込みましょう。

音読、シャードーイングする

長文問題を音読、リスニング問題をシャードーイングしましょう。

これらも復習の一つと考えてください。ここに一番の力を注ぐ勢いでやりましょう!

リスニングに特化した教材を提案しなかったのは、700点ならばここに本気で取り組むだけでカバーできるからです。

最新の公式問題集にはなんと、長文の音声もついてきます。(これは本当にありがたい)

ネイティブの音声を利用して、シャドーイングを行いましょう!

一つの文で10回は行えば無敵です。

わたしは、通勤中の車でTOEICのリスニング問題を2か月ほどずっと流していました

音声はいつでもきけるので、隙間時間を利用して復習にあてるのもよいですね!

シャドーイングのやり方はここでは取り上げませんが、Atsuさんという方の動画が参考になります!

2つ目の模試に挑戦

公式問題集には2回分の問題が入っているので、しっかり復習できたら次の問題に取り組みましょう。

取り組み方の流れは1回目と全く同じです。

2週目をする

公式問題集は1回やったら終わり。ではありません。ぜひ、2周目もやってみてください。

おそらく、満点は取れないと思います。解き終えたら、どこがダメだったのか、しっかり復習しましょう。やり方は1回目の復習と同様です。

面倒なようですが、これが一番シンプルなやり方だと思います。

今まで説明してきた学習を続けることができれば必ず、700点は超えられます!

本番約1週間前には

TOEIC L&Rテスト直前の技術

本番11日前に、この書籍に一度目を通しておくことをおすすめします。

TOEICテストに臨む際に知っておくと便利なノウハウが詰まっています!これを読んでおくことでスコアは確実に上がります!

まとめ

長くなりましたが最後までお読みいただき、ありがとうございます。

自分の今までの経験から様々な学習法を紹介してきましたが、一番大切なことは「毎日必ず英語に触れる」ということです。たった5分でも構いません。その積み重ねが、自然とあなたの英語学習習慣を作っていきます。

今回紹介した学習法は、TOEICだけにとどまらず、あなたの英語ライフを切り開いていけるものだと私は信じています。

目標のスコアを達成した後も、英語学習を続けてくれることを願ってます!

必ず700点は突破できます。良い報告を待っています!自分を信じて頑張ってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました