TOEIC

TOEICは役に立たない?900点取得者が解説【体験談アリ】

スポンサーリンク

悩む人

TOEICは役に立たないって言われることが多いけど、勉強しても意味ないの?逆にどんな時に役立つの?詳しくしりたい。

こんな悩みを解決します。

本記事を読めば、以下のことが分かります。

本記事の内容

  • TOEICは役に立つのか
  • TOEICは役に立たない派 VS TOEICは役に立つ派
  • 本当の英語力をつけるにはTOEIC+オンライン英会話がベスト

まっきー

私は実際にTOEICで935点を取得しています。私の体験談なども含め、TOEICが役に立つかどうかを解説していきます。

TOEICは役に立つのか?

結論は以下の通り。

TOEICは役に立つ

日本で英語を勉強し、「いずれは話せるようになりたい」と思っている方にとってTOEICは役に立ちます。

特に、日本ではTOEICの価値がかなり高いので、ある程度のスコアは取っておくに越したことはありません。

TOEICで高得点を持っているだけで「英語が出来る人」に見られます。

そのおかげで海外勤務のメンバーに選ばれたり、英語関係の仕事を優先的に任されたりしたという方も多くいます。

まっきー

実際、転職や仕事(現職)でもTOEICはすごく役に立ちました!

わたしの体験談

わたしの転職活動時のスコアは765点でしたが、どの企業の面接でも必ず話題になりました。

現職でも、エンジニアの仕事と同時にフィリピン人の方に日本語を教えるという業務も任されています。

「TOEICの勉強をして後悔した」なんてことは一度もありません。

役に立つ派 VS 役に立たない派


ここからは、TOEICが役に立つ派と役立たない派、2つの意見を紹介します。

役に立つ派の意見だけでなく、役に立たない派の意見を知っておくことで、TOEICに対する考え方も深まるのではないでしょうか。

まずは「役に立たない!」と主張する人たちの意見からみていきましょう。

役に立たない派の意見

役に立たない派によくみられる意見は以下の2つです。

  • 高得点をとっても結局英語が話せない
  • 実践で役に立たない

詳しく見ていきましょう。

高得点をとっても結局英語が話せない

TOEIC900点以上を持っていても英語は話せない

あなたも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

実際、これは事実です。

そういう人達を何人も見てきましたし、私自身も英会話は得意ではありません。

TOEICで高得点 ≠ 英会話ができる

これは頭の片隅に入れておくとよいでしょう。

ですが、英会話の基盤を築くうえでTOEICという試験は最適です。

勉強の方法によっては、TOEICのスコアと英会話力、両方同時にアップさせることもできるんです。

詳しい方法については記事の後半でお伝えします。

実践で役に立たない

役に立たない派の意見でよく聞くのがこちら。

TOEICは実践では役に立たない

これもよく言われていることです。

実際のビジネスやネイティブの英語と比べると、TOEICの英語には以下の特徴があります。

  • リスニングが聞き取りやすい
  • リーディングは文章が難しくない

実際、TOEICのリスニングは、クリアで聞き取りやすいです。

私はリスニング満点を取得しましたが、海外ドラマはほとんど聞き取れません

リーディングも英文自体はそんなに難しいものではないですが、時間的制約のおかげで難しいと感じる人が多いです。

しかし、実践で1ミリも役に立たないのか?と言われると、答えはNOです。

そもそもTOEICレベルのリスニング、リーディングが出来なくて、実践で使う英語が理解できると思いますか?

おそらく不可能だと思います。

「英語ができる人」はサクッとTOEICである程度のスコアを取得して次のレベル(英会話や実践)に進んでいる方が多いです。

「TOEICだけでは役に立たないから、他の学習も必要だ」というのは分かりますが、「TOEICは役に立たない」と決めつけるのは少し違いますよね。



役に立つ派の意見

役に立つ派で、よくある意見は以下の通り。

  • 英語の基礎力をつけることができる
  • 就活、大学入試で役立つ
まっきー

TOEICで900点を取得しているわたしも同じ意見です。それぞれ見ていきましょう!

英語の基礎力をつけることができる

「リスニングが聞き取りやすい、リーディングは文章が難しくない」

と言われていますが、英語の基礎力をつけるのにTOEICはもってこいです。

英語学習界のレジェンド、関さんも以下のように言ってます。

僕は「TOEIC®は自動車教習所」だと考えています。英語を実践で使う場は、自動車でいう「路上」。そうした路上に出る前に、TOEIC®の範囲内で、ある程度英語を使えるようになるプロセスは不可欠です。(中略)TOEIC®の英語はかなりリアルです。その点には安心して、学習を続けてほしいと思います。(関先生にお悩み相談から引用)

「自動車教習所」とは、とても面白い表現ですね。実際に900点取得してみても、まさにこの通りだなと。

ずっとネイティブの速さで英語を聴いていても永遠に理解できるようにはなりません。(○○○○ラーニングのように...)

TOEICぐらいの程よいレベルから始めることが、英語力アップの最短経路なのです。

オンライン英会話だけでいいのか?

英語が話せるようになりたければオンライン英会話をずっとやっていればいい」という意見もありますが、それは違います。
出川イングリッシュをご存知でしょうか?
英語が全く話せない出川さんでもコミュニケーションをとっている姿を見て勇気づけられている人は多いと思います。
ですが、どれだけ海外でコミュニケーションをとっても、出川さんの英語力は上がっていませんよね?

それは、基礎力がないからです

就活、大学入試で役立つ

就職活動でアピールできる保有資格、大学入試での1次免除枠など、TOEICで高得点を取っておくと役に立つことが多いです。

面接においても、「英語が堪能です」と言うよりも「TOEICで800点取りました」と伝えた方が説得力がありますよね。

会社においても、大学においても、TOEIC高得点=英語ができるというイメージは根強いです。

TOEIC高得点でも英語が話せるわけではないですが、日本においてTOEICは、面接・筆記の両方で役に立つ便利な資格です。

下記のようなデータもあります。参考にしてみてください。

TOEIC® Program 大学の入学試験における活用状況-2020年度-
英語活用実態調査2019(企業・団体)

もう少し詳しい解説はTOEICと英検どっちを受けたらいいの?に記載してあるので、参考にしてください。

TOEICと英検どっちを受けたらいいの?【結論:両方受けましょう】

続きを見る

Twitterでも、TOEICの有用性に関する議論はさかんですがポジティブな意見が多く見られます。

手段と目的をごっちゃにしない


一つ、注意していただきたいのが、TOEIC学習の目的を見失わないことです。

「英語ができるからTOEICでも高得点が取れる」のであって「TOEICで高得点だから英語ができる」のではありません。

まず自分が「何のためにTOEICを受験しようと思っているのか」をしっかりと確認しておきましょう。

例えば、英語を話す基礎力を身につけることが目的なら600~700点あれば十分です。

海外派遣でのチャンスをものにしたい、企業から900点以上が必須と言われているなら当然900点を目指すべきです。

手段と目的に応じて、狙うスコアを考えましょう。

TOEIC+オンライン英会話で本当の英語力をつけよう

TOEICの勉強にプラスして取り組むことで英語力が伸ばせる方法を提案します。

  •  オンライン英会話
  •  TOEIC S&W

上記2つ(どちらか一つでもOK)の勉強を同時に進めることで、英語の4技能すべてが身につきます。

それぞれ具体的に見ていきましょう。

 オンライン英会話

オンライン英会話は既に有名かと思いますが、TOEICと一緒に学習するとかなり効果があります。

実際に、わたしもTOEICのスコアに伸び悩んでいた時にオンライン英会話をはじめ、900点を取得しました。

オンライン英会話とTOEICを同時に進めることで、以下の効果が期待できます。

  • 英語運用能力(スピーキング力)の向上
  • TOEICの点数UP
  • TOEIC学習のモチベーションの維持

オンライン英会話を活用して「話せる英語力+TOEICスコア」を手に入れましょう

今では、格安(月約6000円)で受けられるオンライン英会話が多数あります。

下記の記事で目的ごとにおすすめのオンライン英会話を紹介しています。ぜひオンライン英会話選びに活用してください。

参考 >> 【初心者から上級者まで】目的別おすすめのオンライン英会話

【初心者から上級者まで】目的別おすすめのオンライン英会話|TOEIC900の私が厳選

続きを見る

 TOEIC S&W

TOEICと言ったら一般的にはTOEIC L&Rを指しますが、TOEICにはS&Wといったスピーキングとライティングの試験もあるんです。

TOEIC S&Wは年間受験者数4万人(2019年)とまだまだ無名です。(ちなみに、L&Rは年間200万人)

無名ではあるのですが、試験のクオリティはかなり高いです。

L&Rと並行して学習することで、英語力をバランスよく鍛えることができます。

「TOEICの勉強だけしてても、話せるようにはならない」というデメリットを効率よく改善できる方法です!

スピーキング・ライティングテストに興味がある方は、TOEIC600点ある人はまずスピーキングテストを受けてみて!も見てみてください。

【S170取得】TOEICスピーキング・ライティングテスト対策|S&Wは絶対受けるべき

続きを見る

まとめ

  • TOEICは役に立つ
  • TOEICは英語の基礎力をつけるのに最適
  • TOEICは大学入試や就活でも役に立つ
  • 本当の英語力をつけるならTOEIC+オンライン英会話
  • スピーキング・ライティングテストもおすすめ

様々な意見を見て、TOEICに対する見方が変わったのではないでしょうか?

必ずTOEICを勉強する意味はあるので、周りの声に惑わされず、勉強を頑張ってください。

TOEIC対策の記事も書いていますのでぜひ参考にしてください。

【300点から700点達成】TOEICで700点を達成するための勉強法と勉強時間

続きを見る

TOEIC800点から900点までにかかった時間と勉強法まとめ

続きを見る

スポンサーリンク

-TOEIC