教員からの転職

【教員からの転職体験談】1年で小学校教員から組み込みエンジニアへ転職

スポンサーリンク

どうも。まっきーです!

本記事では以下のような悩みを解決します。

悩む人
  • 教員つらい、やめたい。でもやめにくい…
  • 転職を考えてはいるんだけど実際に転職した人の話を聞きたい!
  • 転職をした後の生活はどうなの?

教員の仕事って本当に過酷ですよね…

  • 毎日朝7時から夜7時までの休憩なし12時間勤務
  • 土日は教材研究、授業準備、部活

こんなのはほんの一部で、教員の業務は数え切れません。

最近、ニュースでも取り上げられるようにはなってきていますが、それでもその忙しさが解消される様子はないですよね。

そんな厳しい働き方の中で、若くして転職を考える方も少なくないと思います。

まっきー

わたしもその一人でした。

本記事では以下のことをお伝えします。

本記事を読んで分かること

  • わたしの転職体験談
  • 安定した教員からの転職を決めた理由
  • 転職後の生活について(収入・時間)


実際にエンジニアに転職した私の体験談をお伝えすることで、転職するかしないかを悩んでいるあなたに勇気を与えられたらいいとなと思います。

念願の小学校教員に!

わたしは、高校生の時「小学校の先生になりたい!」と強く思い、猛勉強をして大学に入学しました。

大学でも教師一筋で授業や教育実習に励み、ついに念願の小学校教員に!

好きな算数や英語を教えるのは本当に楽しかったです。

実際に一年間担任として、成長する子供たちを見るのはうれしく、やりがいも感じていました。

子どもたちと過ごす日々はとても楽しかったです。

しかし、教員になってから数か月たった頃

「このままこの仕事を続けていって本当にいいのか?」

と思うようになったんです。

一年目で転職を決めた理由

学校現場の仕事量は尋常じゃないぐらい多いですよね。

  • 研修はほとんどなし、初任から担任として業務
  • 講師の先生のいる教科以外は全て教える
  • 学校行事の準備
  • 委員会活動を見る
  • 休憩なし12時間以上の勤務
  • 土日は教材研究、授業準備、部活動

ここに書いた以外にももっとありますが私が転職を決めた理由は以下の3つです。

  • 業務量の多さに耐えられない
  • 時間の制約がつらい
  • 先の見えない不安

業務量の多さに耐えられない

教員の仕事は「教えること」だけではないですよね。

実際は、授業4:その他6 ぐらいの割合ではないでしょうか。

その他の業務が多すぎて、

  • 教材研究も十分にできず
  • 疲労がたまり
  • 自分自身の趣味に費やす時間も確保できない

こんな悪循環に陥っていました。

慣れが解決してくれた部分もあったんですが「このまま続けていっても大してこの状況が変わることはないだろうな」と直感的に感じていました。

そのあたりから転職を考え始めました。

時間の制約がつらい

毎日約12時間の勤務。

定時で帰れたことは一年でたった5回ほどでした。(長期休暇を除く)

単純に働く時間が長く、自分自身の趣味やスキルアップに時間を注げないのも本当につらかったです。

まっきー

土日は部活動や教材研究にかなりの時間を奪われてました

先の見えない不安

教員は安泰だとよく言われていますが、逆にわたしは将来が不安になりました。

どういうことかというと、

  • 「数年は続けていくことはできるかもしれないけど、結婚してもこの働き方?」
  • 「30、40代になってもこんな働き方をするの?」

など、自分の教員としての将来を想像するのが怖くなったのです。

また、学校現場は私が小学生だったころとほとんど変わっていませんでした。

大量の宿題、軍隊のような体育、授業の内容など、15年以上も経つのにです。

情報化が進んでいる現代の状況もあって、学校の進歩の遅さにも不安を感じました。

これらの理由で、たった一年目ですが

「転職するなら早いに越したことはない!」

と思い、転職を決意しました。(9月ごろだったと思います)

忙しい中での転職の進め方

基本的に毎日長時間労働だったので、転職活動はスキマ時間を使って行っていました。

行ったのは、以下のような準備です。

  • 自己分析
  • エージェントの登録
  • 転職先検討
  • スキルの見直し
  • 履歴書作成等

11月頃に応募をする企業を5社ほどに絞り、冬休みを利用して3社の面接を受け内定をいただきました。

現在は「組み込みエンジニア」として、教員とは全く異なる業種で働いています。

研修も充実しており、ビジネスマナーからしっかりと学ぶことができました。

転職後の生活について

悩む人

転職した後の給与や勤務時間はどんな感じですか?

正直、年収は下がりました...

まっきー

福利厚生に関しては、やはり公務員が強いです。

基本的に教員から他業種に転職して給与が上がるということはないです。

その分、頑張り次第で上がるのでやりがいを感じるところです。

勤務時間に関しては、9時~18時という定時の時間で勤務ができ、自身のスキルアップに時間を使うことができています。

このブログもその一つです。

残業ももちろんありますが、給与も支払われますし、教員の時と比べたら大したことはありません。

結論、生活の質は格段に上がりました。

  

やめる前は「せっかく教員になったのにもったいない」「仕事を探すのは大変でしょ」などいろいろ言われたのですが、今では転職して良かったと思っています。

何より自分自身の趣味や勉強に使える時間が増え、大切な人と過ごす時間も確保できるようになったことが本当にうれしいことです。

 

子どもの教育を担う先生という仕事はとっても素晴らしいと心から思います。

ですが、何よりも自分自身の体が一番大切です

教員を続けるのが嫌で転職をしたいと思っているなら、今すぐにでも行動するべきだと思います。

結局、転職をするかしないかを選ぶのはあなた自身です。

「転職しようかな..」って考えるだけでは一生転職できません。

迷うより先に行動しましょう!

当ブログを読みに来てくださっている方は、転職を視野に入れている方だと思います。

自分が転職をすると決めたなら成功するまで頑張ってください。

他の記事では職務経歴書の書き方や転職理由の考え方なども解説しているので是非参考にしてください

私の体験談を読んで、少しでも「転職しようかな」「行動しようかな」と思っていただけたら嬉しいです。

関連記事
【教員からの転職】職務経歴書の書き方を教えます(実際の経歴書もお見せします!)

続きを見る

関連記事
教員からの転職理由の伝え方・考え方【私が使った例文もご紹介します】

続きを見る

スポンサーリンク

-教員からの転職

© 2021 まきろぐ Powered by AFFINGER5