【対策はこれ一冊でOK!】TOEICスピーキングテスト学習法

TOEIC
スポンサーリンク

この記事を見に来てくださった方は

スピーキングテストの勉強ってどうやったらいいんだろう?

こんな風に思っているかと思います。

この記事ではそんなあなたの悩みを解決します。結論から言うと、対策には

「TOEICスピーキング 究極のゼミ」「DMMオンライン英会話」

この2つあれば十分です!(実際に私もこの方法で170点を獲得しました

それでは、まずTOEICスピーキングテストとはどんな試験かを説明します。

(*S&W試験もありますが、本記事はスピーキングのみにフォーカスしています)

TOEICスピーキングテストはどんな試験か

受験料は 6,930円(税込)

試験の流れはこんな感じです。

全体約20分(200点満点)
①音読問題(2問)
②写真描写問題(1問)
③応答問題(3問)
④提示された情報に基づく応答問題(3問)
⑤解決策を提案する問題(1問)
⑥意見を述べる問題(1問)

TOEICの公式サイトに具体的な内容が載っているので、一度チェックしてみてください!

受験するメリット

TOEICスピーキングテストを受験するメリットは何でしょうか?

私が考えるメリットは以下の2つです。

  1. TOEIC LRよりも確実に「英語が話せる」ようになる
  2. 就活や仕事で有利になる

TOEIC LRよりも確実に「英語が話せる」ようになる

TOEICLRで900点以上持っているけど、全く話せない」こんな話を聞いたことがありませんか?

それもそのはず、TOEIC LRはリーディングとリスニングのテストだからです。

しかし、スピーキングテストはその名の通り「スピーキング力」を計るテストです。TOEIC Sテストに向けて学習することによって、「スピーキング力」が必ず身につきます。

就活や仕事で有利になる

TOEIC LRテストを知っている人は大勢いますが、スピーキングテストを知っている人って少ないですよね。

今後スピーキングテストのスコアを導入する企業は必ず増えてきます!

ある程度のスコア(150点程度)を取得していれば十分にスピーキング力をアピールでき、就活や海外で働く際に有利になります!

学習方法

はじめにもお伝えした通り、学習方法は以下2つのみです。

  • TOEICスピーキングテスト究極のゼミ
  • DMM英会話

TOEICスピーキングテスト究極のゼミ

スピーキング対策はこの一冊以外はいらないといっても過言ではないです。

著者の富田三穂先生はTOEICスピーキングテストで満点を連発している方なので信頼できますし、書籍のわかりやすさも半端じゃないです。

さらには、テストだけではなく「今後も話せる英語力」という点にも重きを置いてくれているので、非の打ちどころがありません。

べた褒めしてしまいましたが、それだけこの一冊は充実しています。

学習方法

基本的には書籍に従ってやっていくだけで問題ありません。

全体像は以下の通りです。

  1. アウトプットファースト(実際の試験問題に挑戦)
  2. 問題の概要を学習
  3. 解答方法を学習
  4. レベルアップのための解答方法を学習
  5. もう一度1で行った問題を解く
  6. 宿題として大量の問題を解く
  7. 1~6を各パートで行う

何度も言いますが、この一冊を何周もするだけでスピーキングテストで140点ぐらいのスコアが取れるようになります!

問題に取り組むうえで一番大切なことは

自分自身のスピーキングを録音することです。最初は恥ずかしいですが、慣れてきたら何とも思いません。自分の癖を知るため、レベルアップのためには必須ですので録音は絶対にしましょう!

DMM英会話

ある程度問題に慣れて来たら、オンライン英会話を活用しましょう!

どの会社もかまいませんが、DMM英会話がおすすめです。(理由は後述)

「本番はパソコンに向かって話すテストなのにオンライン英会話をやる意味ある?」と思うかもしれませんが、やる意味は大いにあるんです。下記のようなメリットがあります。

  • 一人で話すのと対人で話すのは全く違う
  • 解答の添削が受けられる

一人で話すのと対人で話すのは全く違う

講師の先生と話すのは、一人でスピーキング練習をするよりも、5倍くらい難しいです。

パソコンの前で話すよりもかなり緊張します。

瞬時に返答を思いつかないといけないので、瞬発力を鍛えられます。

対人で話すことによって、本番ではかなり楽に話せるようになります。

解答の添削が受けられる

DMM英会話をおすすめする理由は、TOEICスピーキングテスト用の教材が使えるからです。

教材に取り組んで、講師の方から「この部分の文法が少し違ってたよ」「こう言えるともっといいね」などのフィードバックを受けることができます。

ここでも、会話の内容を録音するようにしましょう。何が言えていなかったか、どの問題に弱いのかを分析しましょう!

通勤中などに聞き流すだけでも効果はあります!

以上2つの学習を徹底的にやれば高得点が狙えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?やるべきことはかなりシンプルです。

TOEIC600点以上ある人は今すぐにでもスピーキングテストに申し込みましょう。

「難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!」でソレイシィ先生が、

「英語を話せるようになりたいなら、スピーキングテストを受けなさい」

といっています。スピーキングテストを受けない理由がないですよね?

是非、この記事の内容を参考にしてスピーキングテスト対策をしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました