英語学習

【IDIY 感想】TOEIC900点がIDIYを体験|添削の様子をお見せします

スポンサーリンク

悩む人

英作文って自分じゃ合ってるか分からないから不安。英文添削ならIDIYが良いって聞くけど実際どうなんだろう。

こんな悩みにお答えします!

早速ですが、以下3つのうち1つでも当てはまる方はIDIY(アイディー)がかなりおススメです!

  

  1. 丁寧な英文添削を受けたい
  2. 英作文の力をUPさせたい
  3. 毎日英語を書く習慣がある(英語日記など)

  

本記事の内容は以下の通りです。

本記事を読んで分かること

  • IDIYの添削の様子
  • IDIYの使い方や料金の仕組み
  • IDIYの口コミや評判

わたしも英作文が得意ではないのでIDIYを活用しています。本記事では、実際の添削の様子をお見せしながらIDIYの使い方や口コミをご紹介します!

まっきー

IDIYの添削の様子

IDIYがどんなものかイメージをつかんでいただくために、英語日記を添削してもらった時の様子をお見せします。

英語日記、解説アリ、日本人講師を選択して行いました。(IDIYの仕組みについては後で詳しく解説します

まず、添削前の日本語と英訳です。12月31日の私の日記です笑

添削前

日本語

コロナのせいでいつもと全然違った1年だったけど、ポジティブに言い換えてみればコロナのおかげでブログ、英語日記、プログラミングなど様々なことに挑戦することができた。

人生で一番頑張った年だと言ってもいいと思う。もちろん、来年からも全力で頑張る。早速明日からやるぞ!

英語

That was an extremely different of this year due to the COVID-19.

However, if I rephrase it positively, thanks to the COVID-19, I was able to try and start a lot of things such as posting a blog, writing a diary, learning programming, so and so forth.

I would say this year was the best I worked hardest in my life. Of course, I’ll do my best next year. I’ll work hard from tomorrow.

返ってきた結果がこちら

添削後

That It was an extremely different of this year due to the COVID-19.

However, if I rephrase it positively, thanks to the COVID-19, I was able to try and start a lot of things such as posting a blog, writing a diary, learning programming, so and so forth.

I would say this year was the best I worked the hardest in my life this year. Of course, I’ll do my best next year. I’ll work hard from tomorrow.

細かなところを多く修正されました。

これだけで終わりではなく、「どうしてそのように直したのか」の解説もしっかり書いてあります。

まっきー

丁寧ですよね!別の書き方なども教えてくれるのでとってもありがたいです。

IDIYを使ってみた感想

IDIYでは主に解説アリの「学べる添削」を使用していますが、解説が丁寧だなといつも思います。

まっきー

さすがプロです。

正直、先生に当たりはずれはありますが、お気に入りの先生を見つければその問題も解消できます。

日本語添削と英語添削、両方から選べるので自分のレベルに合わせてお願いできるのもありがたいです。

これだけの解説があってこの価格なら納得。というのが私の正直な意見です。

IDIYの使い方

IDIYで添削をしてもらうまでの手順を解説します。

IDIYの添削は以下の6ステップが基本です。(英文の種類によって多少の違いはあります)

  • 英文の種類を選択(7種類)
  • 添削の種類を選ぶ(解説アリor解説なし)
  • 担当講師を選択(日本語+英語or英語のみ)
  • 課題を選ぶ・英文入力
  • 講師を選択
  • オプションを選択
  • 英文を入稿する

「長くない!?」と思うかもしれませんが、逆に言えばそれだけ「細かく丁寧に見てくれる」ということ。

慣れれば全く気にならなくなりますよ!

それぞれ画像を用いて詳しく説明していきますね。

英文の種類を選択(7種類)

以下のように7種類ものコースから選択することができます。

添削の種類を選ぶ(解説アリor解説なし)

  • 解説アリの学べる添削
  • 解説ナシのお手軽添削

2つのコースから選択できます。

私が先ほどの例で使用したのは「学べる添削」です。

解説ナシの方は、講師からの解説やコメントがなく、文法・表現・スペルミスが修正された結果が返ってきます。

どちらかと言えば英語上級者向けと言えるでしょう。

担当講師を選択(日本語+英語or英語のみ)

  • 日本人講師
  • ネイティブ講師

を選択できます。

日本人講師の方が、日本語と英語を照らし合わせながら見てもらうことができるので、伝えたい意図を的確にとらえてくれます。

解説が日本語だったり、質問を日本語ですることができるので初心者でも安心です。

逆に、「ネイティブの生の英語を知りたい!」「解説が英語でも問題ない」という方はネイティブ講師が良いと思います。

課題を選ぶ・英文入力

実際に添削してもらう文章を入力します。

今回は日本語講師を選択したので英語と日本語をセットで記入します。

注意ポイント

日本語と英語の対応が取れていない場合は返却されてしまうので、英文はできるだけ日本語に沿うように書きましょう。

講師を選択

ここで講師を選択します。

プロフィールや今までの添削数を確認できるので、よさそうだなって思う方をまずは選んでみましょう。

オプションを選択

オプションでは、以下のようなことを選べます

  • 利用の目的
  • 英文の添削度合い(大幅変更or原文尊重)
  • 英文の形式(カジュアルかフォーマルかなど)
  • 質問(2つまで無料)

英文を入稿する

入稿をします。

IDIYではできるだけ24時間で返事をするように心がけているそうです。

今のところ、どんなに遅くても最長2日で結果が返ってきています。

IDIYの料金設定

IDIYは以下2つの方法で添削をお願いすることができます。

  • ポイント
  • 定期券

料金設定など、それぞれ詳しく解説していきます。

ポイント制

ポイント制はあらかじめポイントを購入しておいて、添削を利用するたびに支払う仕組みです。

ポイントの価格は以下の通り。

添削の種類、英文の種類によって、必要なポイント数が変わります。

表にざっくりとまとめてみました。参考にしてください。

https://idiy.biz/prices/

ポイント制の特徴

  • 添削利用頻度が少なければポイントが割安に。
  • 有効期限は180日間。入稿や購入など増減の度に180日間延長されるため実質無期限。
  • 100ポイント1200円から購入可能。
  • 定期券の規定単語数超過分はポイントでお支払い可能。

定期券制

定期券は月単位で購入することにより、毎日決められた単語数添削できる仕組みです。

定期券サービスを表にまとめました。

ライトとスタンダードの違いは、対象の英文の種類の数です。

ポイント制で1日50単語英語日記を見てもらおうとすると約11000円

毎日やる方は定期券が圧倒的にお得ですね♪

まっきー

定期券制の特徴


・低価格で手軽に英語添削が利用できる
・英語講座を無料で受講が可能
・ポイントとの併用で最大300単語まで入稿可能
・英語学習を習慣化させることができる

IDIY口コミや評判

「他の人の口コミも知りたい!」という方もいると思うので、IDIYの口コミをいくつか集めてみました。

良い口コミも悪い口コミも集めたので参考になると思います。

良い口コミ(高評価)

しっかり添削してくれる

ネイティブで教員資格を保有している講師が添削してくれるので、中級者にありがちな所謂伝わるけど不自然な英語をちゃんと正してくれる

コピペの機能

アプリが使いやすいため、電車の中でも家のソファーの上でも英作文ができます。講師のフィードバックが手厚く、それが楽しくて半年ほど毎日英作文をしています。いつも三日坊主で終わってしまうので、驚きです。5をつけたいのですが、アップデートで残念だったのは、書いた英作文や添削結果がiPhoneからだとコピぺできなくなってしまったことです。

※ちなみに、現在はコピペをすることが可能です。

質の高い添削

毎回、とても丁寧で詳しい解説をしてくださる講師の方々には、本当に感謝です。

 

「痒い所に手が届く解説」というように、解説の質は総じて高評価でした

悪い口コミ(低評価)

微妙

定期券を買ったとしても50単語、100単語までで超過したぶんは、追加料金を払わないといけない
TOEFLのライティングでは最低でも300単語×2書く能力が必要で、私の需要には合わなかった。

 

先生の言葉遣いは丁寧なのだが、いつも同じメッセージの使いまわし。やっつけ感がある。 また、ある程度英語ができる人なら使いやすいと思うが、英語が苦手な人には全く向かない。 ちょっとしたミスですぐに原稿が返却されるので先に進まない。

 

料金設定や添削してくれる文字数の少なさを不満に思っている方が多いです。

IELTSは250文字、英検は150文字ほど。

定期券を使ったとしても100文字以上は追加ポイントを払わないといけないので結局高価になってしまうというデメリットがありますね。

資格試験の英文を見てもらうには少し割高になってしまうかもしれません。

まとめ

結論:アイディーは以下に当てはまる方にお勧めできるサービスです。

IDIYはこんな方におすすめ

  • 丁寧な英文添削を受けたい
  • 英作文の力をUPさせたい
  • 毎日英語を書く習慣がある(英語日記など)

いかがでしたでしょうか?

実際に私も使用していますが、かなり丁寧に添削をしてくれます

お気に入りの先生を見つけることで傾向なども統一できるので、まずは1ヶ月ほど試してみるのがおススメです。

今なら無料体験もやっていますので是非利用してみてください!

無料体験方法

最後に無料体験の方法を解説します。

無料体験開始までたったの5ステップ。

数分ですぐに英文を投稿できますよ!

IDIY公式サイトに移動しメンバー登録

オンライン英語添削[アイディー]

上記のリンクからIDIYのページに移動し、「無料メンバー登録」を選択します。

2. メール・パスワードの設定をする

メールとパスワードを入力して「無料新規登録で100pt受け取る」を選択。

  • Facebook
  • Google
  • Apple

のアカウントでも登録できます。

3. メールアドレスを認証する

登録したアドレスに「認証コード」が届くので、コードを入力します。

4. プロフィールの設定をする

「プロフィールの設定をする」という小さいウィンドウが表示されるのでクリックします。

設定するところは複数ありますが、氏名だけ登録してあればすぐに入稿できます。

これを登録しないと入稿できません

5. 入稿する

「利用開始」から添削の準備をスタートできます。

先ほどのIDIYの使い方に従って、早速英文を添削してもらいましょう!

スポンサーリンク

-英語学習

© 2021 まきろぐ Powered by AFFINGER5