C言語ではじめるRaspberryPi徹底 入門章末問題 備忘録

スポンサーリンク

こんにちは!駆け出しエンジニアのまっきーです。

最近、機械学習、ディープラーニングの勉強をはじめました。近いうちに人物を見分けることのできる機能を実装してみたいなと思っています。

AIとは関係ありませんが、私の愛用している、「C言語で始めるRaspberryPi徹底入門」のchapter9まで一通り終えることができました。

C言語ではじめるRaspberry Pi徹底入門 | 菊池 達也, 実践教育訓練学会 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで菊池 達也, 実践教育訓練学会のC言語ではじめるRaspberry Pi徹底入門。アマゾンならポイント還元本が多数。菊池 達也, 実践教育訓練学会作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またC言語ではじめるRaspberry Pi徹底入門もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

今回からは、書籍のサポートページにある、章末問題に取り組んでいきたいと思います。章末問題はこちらからダウンロードできます。

学んだことの復習、新しいことのメモなどの備忘録的な形で記録を残していきます。

実際に取り組むのは次回からになります。随時、リンクを貼っていけたらなと思っています!

以下、取り組んでいく課題を載せておきますね。

I2C
  1. 温度測定部の関数をライブラリ登録
  2. 温度をLCDの表示する
  3. 摂氏と華氏に切り替えてLCDに表示する
  4. 測定した温度データをファイルに保存する
SPI
  1. A/D変換処理の関数をライブラリに登録
  2. A/D変換した値をLCDに表示する
  3. A/D変換した値を横棒グラフでLCDに表示する
  4. 可変抵抗でLEDの明るさを制御
  5. 可変抵抗で圧電サウンダの周波数を制御する
  6. 電圧を測定してファイルに保存する
  7. 正弦波の信号を出力する

*D/A変換の項目は抜いてあります

カメラモジュール
  1. 静止画のエフェクトを確認する
  2. 人を検知したら撮影する

以上、合計28問に取り組んでいきたいと思います。

目的

・今まで学習した内容の定着

・学んだ内容を応用させる力をつける

・未使用のモジュール等の使い方の理解(人感センサなど)

マイルール

・最大1時間半考えても答えが浮かばない場合はコードを参照し、理解に努める

・書籍は参考にしてもよい

これらを意識して課題に取り組んでいきたいと思います!

この課題達成後には、簡単なプログラムを自作したいと思います!

タイトルとURLをコピーしました