【DMM教材】デイリーニュースの効果的な使い方

デイリーニュースの効果的な使い方 オンライン英会話
スポンサーリンク

どうも。まっきーです!

DMM英会話を始めたあなた!

「教材選びに困っているならデイリーニュースがいいよ!」という話を聞くことはありませんか?

どうやってやるのが一番効果的なんだろう、と思いますよね。私もどうやったらいいか分からず、試行錯誤してました…

本記事では、DMM英会話を約5か月続けてきた私がたどり着いた、デイリーニュースの効果的な活用方法をお伝えします!

DMM英会話4/23~

実際にこの方法で練習を重ね、TOEICS&Wで満足のいく点数を取ることができました。(実はライティングにも効果があるとかないとか…)

TOEIC S&W スコア
こんな人のための記事です
  • DMM英会話を始めたけれど、教材が決まっていない方
  • スピーキング力を上げる、デイリーニュースの効果的な使い方が知りたい方

デイリーニュースとは→効果的な使い方

と進めていくのでデイリーニュースの説明が不要な方は、効果的な使い方から読んでみてください!

デイリーニュースとは

デイリーニュースとはDMM英会話の中で一番人気といわれる教材です。

ご覧のように日々、様々な記事がアップされています(一日3記事程度)

カテゴリも豊富で、テクノロジーから各国の情勢まで、幅広く扱っています。

レベルは5~10の中から選ぶことができます。

デイリーニュース教材の進め方

基本的に、デイリーニュースは次のように進めていきます。(レベルによって異なる場合もある)

  1. Vocabulary(単語)
  2. Article(ニュース記事)
  3. Questions(質問)
  4. Discussion(議論)
  5. Further Discussion( 一歩踏み込んだ議論)

Vocabulary(単語)

一記事約6単語ぐらい入っています。英語での意味と例文もあるので単語学習にも最適です!

基本的には、講師の先生に続いてリピートする形になります。

Article(ニュース記事)

ニュース記事も講師の先生に続いて音読、または自分自身で読むという形で進めていきます。

一部抜粋

Questions(質問)

記事の内容に関連した質問3つに答えます。一つ例を示すとこんな感じです。

Discussion(議論)

デイリーニュースの一番大事なパートである、ディスカッションです。記事の内容に関連した質問について話します。(5問)

例えば、「リアーナの4,100万ドルのロンドンの家が売りに出される」というトピックの場合、家に関連する質問などが聞かれます。

Further Discussion( 一歩踏み込んだ議論)

一歩踏み込んだ議論として更に5問用意されています。

デイリーニュースの効果的な活用方法

ここからは、実際に私が行ってきた効果的な活用方法をお教えします!

TOEIC500点~900点ぐらいの方まで、幅広く通用するやり方ですよ!

まず第一に、デイリーニュースは予習、復習が命です。

予習、レッスン、復習で90~120分ほどです。

「そんなに長い時間何するの!?」と思いますよね。詳しく説明していきます!

予習

単語

単語の意味を確認します。翻訳を表示してもよいですし、ある程度できる方は英語の説明を読みながら意味を推測しましょう!

余裕のある方は、その単語を使って例文を作ると定着率が半端ないですよ!

I don‘t want to be a real estate agent.

(不動産業者にはなりたくないな)

みたいな感じです。(不動産業者の方、すみません)

ニュース記事

一通り読み、自分の納得がいくまで音読をします!発音はそこまで気にしなくていいです。気になる部分は講師の方がレッスン中に修正してくれます!

内容を理解したら質問に進みます

質問

質問の答えもあらかじめ用意しておきましょう!

これやっとかないと、私は答えられませんでした(笑)

ディスカッション

何度も言いますが、ここが一番大事です!今までのところはしょうじき、適当でもいいです。しかし、ここには120%の力を注ぎましょう!

以下のような流れで進めていきます。

  1. 質問に対する答えを日本語で考える(慣れて来たらカット)
  2. それを英語で言うにはどうするかを考える
  3. 実際にレッスンで話しているように自分で音読する

「めんどくさ」って思いました?でもやりましょう!

やってみるとわかりますが、日本語で自分の考えをまとめるのも意外と難しいんですよ。そもそも自分の考えをもっていないのに、英語を話すのなんて不可能ですからね!

1.質問に対する答えを日本語で考える

紙でもWordでもメモ帳でも何でもいいです。各問いに対する自分の考えを書き出しておきましょう。私は問題をコピペして、Wordに書いていました。

実際のメモ

話し言葉でも構わないので、とにかく1文は考えましょう。はじめは It is great! とかでも全く問題ありません!

慣れて来たら、理由などをつけるようにしていけば良いです!

2.それを英語で言うにはどうするかを考える

上記の例でいうと、

  1. That is an interesting attempt!
  2. I dont know anyone.

のように、文を作ることができるでしょう。これだけで構いません。慣れて来たら作る英文を増やしていけばいいです。

全部訳そうとしていたらすぐに挫折してしまいます…

まずは簡単な一文から!意識してください。

3.実際にレッスンで話しているように自分で音読する

全部のディスカッションの問いに対して簡単な回答を書けたら、それを音読します。

数分後のレッスンで言うということを意識して、滞りなく言えるように何度も音読しましょう!

レッスン中

普段から以下のような流れでレッスンを進めています

  1. 自己紹介(新規の先生の場合のみ)
  2. 単語練習はスキップ
  3. 記事を音読 (発音チェックをお願いする)
  4. 質問
  5. ディスカッション

個人的にですが、単語を一緒にやるのは時間の無駄だと思っています。

単語の練習は一人でもできますよね?どうしてもニュアンスの分からない単語があるとかなら別ですが、「Id like to skip the vocabulary part」と伝えれば快く聞いてくれますよ!

ニュース記事の音読では練習した成果を見せましょう!自分一人で読んでもいいですし、講師の先生のリピートでもいいと思います。

慣れて来たら「Id like to read it by myself」などと伝えて、一人で読むのがおすすめです!

後は流れに沿って進めていき

レッスンで実際に用意した文を使いましょう!

必ず全部言えるわけではありません。言えなくてもそんなに気にしなくて大丈夫です!

我ながらすっごくめんどくさいと思うのですが、これを続けると自然といえることが増えていくんです。

ディスカッションでは、実際に用意した文を使いましょう!

必ず全部言えるわけではありません。言えなくてもそんなに気にしなくて大丈夫です!

我ながらすっごくめんどくさいと思うのですが、これを続けると自然といえることが増えていくんです。

だまされたと思って1ヶ月続けてみてください!

復習

予習と同じぐらい大事なのが復習です。ここまでやって、デイリーニュースを最大限に活用できたといえます。

言い忘れていましたが、

レッスンは毎回録音をしましょう!!!

録音をしておくと

  • 自分の発音を確かめられる
  • 言えなかったとこを思い出せる

というようなメリットがあります。最初は自分の声を聴くことに抵抗があるかもしれませんが、慣れたら意外と聞けるものですよ!

復習では言えなかった表現を調べることをメインに行ってください!

一冊ノートを用意しておくと、見返すときに楽です。

拙い字で恐縮ですが、「日本酒と焼酎の違いを説明できなかった」ときのメモです。

DMM英会話なんてuknow?で調べれば、たいていのことは出てきます!

継続のコツ

  • 記事は必ず興味のあるものを選ぶ
  • 毎日英会話を受ける時間を決め、継続する
  • 完全に準備をしようとしない

私の場合は朝5時半か6時に英会話を受けると決めています。あらかじめ決まっていると起きざるを得ませんよね(笑)前日に予習もできます。

夜受ける方でも時間を固定することが大切です。3週間も続けていれば習慣になるはずです!

さんざん予習復習に時間をかけろと言っておいてなんですが、「全部準備するのだるいなあ」と思ったら一問だけでもいいです。渾身の解答を作っておいてください。疲れてやる気の出ない日もあると思います。全部やろうとしないことも、継続のコツです。

おわりに

最初のうちはかなりハードで中々効果を感じられないと思いますが、少なくとも1ヶ月(約30日)は頑張ってみてください。

続ければ必ず効果・結果が必ず出ます!

ふとした時に「あれ、以外と思ったことが言える」というようになっているはずです。

一緒に頑張りましょう!!!それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました