RaspberryPi ラズパイ(Python) ラズパイ(初心者)

ラズパイとDHT11で温湿度測定 with Python

どうも。まっきーです!

以前、DHT11で温湿度測定(C言語コード解説)でC言語を使って温湿度の測定をしました。

現在はPythonを学習していますので、Pythonで温湿度の計測に挑戦しようと思います!

用意するもの

  • RaspberryPi 3B+
  • DHT11温湿度センサー
  • ジャンパーピン

上記のものは全てAmazonで揃えることができます!

回路図

接続の対応は以下のようになっています。

1 5V
2 GPIO(今回は14)
3 NC つながない
4 GND

今回使用しているDHT11は基盤のついているものです。もしついていないものを使用する場合は左の写真のオレンジ色の線の位置に4.5kΩ程の抵抗を接続してください。

DHT11のソースコードをダウンロード

以下のコマンドを入力して、GitHubからDHT11のソースコードをダウンロードします。

git clone <コピーしたURL> とコマンド実行すると、内容がクローン(ダウンロード)されます。

ディレクトリ構成は以下のようになっています。

__init__.pyがDHT11から情報取得するライブラリ本体、dht11_example.pyがライブラリを使った温度・湿度の情報を取得するサンプルスクリプトです。

ソースコード

__init__.pyのソースコードを見たい方はクリック

以下のようなとっても短いコードで温湿度の測定ができちゃいます!

実際に動かしてみる

では実際に動かしてみましょう。

このように、6秒ごとに温度・湿度・日付が表示されます。

グラフ化したりしても面白そうですね!DHT11のデータ取得方法をもっと詳しく知りたい方は、C言語で実装している下記の記事を参考にしてみてください。理解が深まると思います!

参考サイト

Raspberry PiとDHT11で温度・湿度を測る

ありがとうございました!

-RaspberryPi, ラズパイ(Python), ラズパイ(初心者)

© 2020 まきろぐ Powered by AFFINGER5