Audible

【Audible初心者向け】Audibleアプリでできること

スポンサーリンク

どうも。まっきーです!

悩む人

Audibleを始めてみたけどアプリの使い方がわからない。アプリでできることをざっくりと知りたい。

そんな方のための記事です。

本記事ではAudibleアプリでできることをお伝えします。

アプリ下部にある4つの項目を中心にできることを紹介していきますね。

やりたいことからも逆引きできますのでぜひ活用してください。


ホーム画面でできること

ホーム画面では以下3つのことができます。

1.聴いてる途中の書籍を聴く
2.ポッドキャストをライブラリに登録する
3.人気のタイトルなどおすすめの作品一覧が見れる

  

 

他にも下記のような、作品一覧を見ることができます。

  • 新着商品
  • いま話題のタイトル
  • Audibleのおすすめ作品
  • 人気のタイトル

注意ポイント

ここで扱う作品は以下の2つの操作しか行うことができません。

  • サンプル音声を聞く
  • ウィッシュリストに追加する

商品の購入はWebページで行います。

購入方法はオーディオブックを聴くまでの手順にまとめてありますので参考にしてください。

ライブラリでできること

ライブラリは自分が購入した書籍やポッドキャストを聴くことができます

「ライブラリ」とあるように、タイトルで本を分けたり、ジャンルで本を分けたり、お気に入りの作品で分けたり、自分だけのライブラリを作れます。

また、音声を聴くときはこのライブラリでの操作がメインになります。

ここからは作品再生中の画面を詳しくご紹介していきます。

再生中の操作方法

再生中の画面は以下の通りです。割り振ってある番号順にできることを紹介していきますね。

①メインのボタン

音楽プレイヤーと同様の操作ができると思って頂いて構いません。

再生・停止・早送り・早戻し・章のスキップ

30秒ごとの早送りや早戻しがデフォルトですが、⑦のボタンを使えば自由に設定を変更することができます。

②再生速度調節

再生速度を0.5~3.5倍まで調節することができます。

③目次

目次を見ることができます。

④スリープ


お好みの時間でスリープを設定することができます。

まっきー

この機能は、寝る前にものすごく重宝しますよ!

⑤ブックマーク

タッチしたときに聴いていた箇所にマーカーをつけることができます

ブックマークは⑦のボタンから一覧をチェックすることができますよ。

面白いパートやもう一度聞きたい部分をブックマークすることで、復習に活用することができます。

⑥運転モード

運転中でも操作がしやすいように、上記のように画面が大きくなり以下3つの機能のみ使用できるようになります。

  1. 再生・停止
  2. 30秒早戻し、早送り
  3. ブックマーク

これなら運転中でも簡単に操作できます。通勤の時に重宝してました。

⑦各種設定

このボタンには様々な機能があります。

できることをざっくり紹介します。

シェアするSNSでリンクなどをシェアできる
ライブラリーで表示ライブラリの初めの画面になる
ブックマークブックマークした箇所を確認できる
「再生済み」にする再生済みにする
カスタマーレビューレビューを書ける
タイトル詳細書籍のあらすじ・解説が見れる
ボタンなしで操作フリック入力で早送り等ができる
プレーヤー設定早戻しや早送りの秒数を設定できる

コンテンツでできること

ホーム画面に似ていますが、コンテンツではカテゴリごとに書籍を探すことができます。

しかし、上画面の検索窓を使って検索したほうがお目当ての書籍はすぐに見つかります。

右上の虫眼鏡に探しているタイトルを入力してください。

特に読みたい本は決まっていないという方はこのコンテンツを使って書籍を探すとよいです。

プロフィールでできること


プロフィールでは、以下の3つが確認できます。

  • リスニングタイム
  • リスニングレベル
  • バッジコレクション

詳しく見ていきましょう。

リスニングタイム

どれくらいAudibleを聴いているか、当日・日ごと・月ごと・合計をそれぞれ確認することができます。

リスニングレベル

入門から真打までAudibleを聴いた時間によってリスニングレベルが表示されます。

私はまだ前座以下だそうです。

まっきー

もっと聴かなければ!

バッジコレクション

ある条件を達成すると下記のようなバッジが取得できます。

例えば、週末に合計24時間聴くや7日間連続で聴くなどの一定の条件を達成すると「ブロンズ・シルバー・ゴールド」のバッジをゲットすることができます。

ゴールドに近づくにつれて時間や日数が長くなっていくんですね。

私はまだまだ埋まっていません。

  

基本的にアプリでできることは以上になります。

基本的にアプリで解決できるのですが、書籍の購入のみWebサイトからになります。

購入方法はオーディオブックを聴くまでの手順を参考にしてみてください。

使い方を覚えてしまえばとても簡単ですので、覚えてAudibleアプリを使いこなしましょう!

スポンサーリンク

-Audible